<?php the_title(); ?>

LINE出会い系での詐欺

インターネットが世の中に広まってから、不特定多数の男女が出会える場を提供する、出会い系サイトの需要が増加してきました。
しかし、当初は総称が今とは違っていて、結婚相談所等と同じ扱いだったのが、マスコミによるインターネット上での恋愛を取り扱った映画やドラマ等の製作物により、
注目されるようになって、急成長したのです。
その頃は、定額制出会い系サイトやポイント制出会い系サイトの様な課金システムとは異なり、バナー広告による収入によって経営を行っていたものが多いと思います。
急成長して有名になってきたとは言っても、現在と出会い系サイトを比較すると、その利用者数はまだまだ少なかったと思います。
ですが、携帯電話で出会い系サイトが利用出来る様になってからは、何倍もの利用者になったのです。
その頃は出会い系サイトのサクラは存在していなくて、皆さん真面目に出会いを求めていたようですが、その利用者の多さに、隠れて罪を犯そうとしていた人達が目を付けてしまったのです。
出会い系サイトで児童買春、恐喝、強姦等の犯罪が多発しているのが実態でした。
犯罪者が存在する原因となる、利用者の独特な覆面性をどうしたらよいのかが課題だったと思います。

→出会い系サイトランキング無料一覧はこちら←

LINE出会い系サイトの利用規約は要チェック

どうして、同じようなサービスになっているのに、出会い系サイトは無料と有料に分かれているのでしょうか?
ほとんど同じなのであれば、無料出会い系サイトを利用したいと考える人はとても多いでしょう。
あとは、悪質サイトなのか、または優良サイトなのかを見ながら決めるようになります。
無料出会い系サイトだったとしても、サイト自体が悪質なのであれば、リスクも高いですし、出会いは見つからないです。
悪質サイトなのであれば、無料と書かれていたのに料金請求をされてしまうことだってあります。
これ以外にも、有料サイトへの登録を誘導してきたりすることだってあります。
どちらの出会い系サイトを利用したとしても、メールがメインコミュニケーションツールとなります。
さらに言えば、出会い系サイトからの連絡もメールになります。
無料出会い系サイトでは、広告メールが登録をしたときからどんどん送られてくることもあります。
受信拒否をするようにすれば、ある程度は防ぐことができるでしょうが、他のドメインのメールアドレスから送られてくることもありますし、
貴方が登録をしたメールアドレスが、別業者に売られてしまったりすると言う事もあります。
そうなると、際限なく迷惑メールが送られてくることになり、貴方の受信ボックスは迷惑メールばかりになるかもしれません。
承諾もなく他の業者に個人情報を渡したりすると言う事は、された側としてはたまったことではないのですが、
利用規約でひっそりと小さく書いていると言う事があります。
そうなると違法ではないんですね。
出会い系サイトを利用する人たちというのは、利用規約を全然読まないという人もいるのですが、このような人が、
迷惑メールに悩まされてしまったり、出会い系サイトとトラブルになると言う事が多いのです。
利用規約というのは契約書の契約内容と同じなのですから、絶対に目を通すべきなのです。

ページ上部に